ホーム > 観光スポット > ジオパーク

飛騨御嶽溶岩流を見に行こう!

飛騨御嶽溶岩流のジオパーク認定を目指しています。

六万年。想像を超える遥かな物語が、ここにはあります。

御嶽山の噴火、長さ15kmの溶岩流、岐阜の宝もの第1号「小坂の滝めぐり」、希少価値の高い炭酸泉など、観光産業の振興を通じて、地域資源を活性化することで、小坂の町づくりを目指します。大地の恵みに感謝し、自然を大切に思う人を一人でも増やし、「岐阜の宝もの」を「日本の宝もの」に育てていきます。

溶岩流

 火山活動で地下のマグマが火口から噴出するとき、爆発して破片にならずに、液体のまま静かに地表を流れていくのが溶岩流です。
 マグマの性質によって、ねばりの小さい流れやすい溶岩流では、なだらかな形の火山になり、ねばりの大きい流れにくい溶岩流は、ドーム状の火山になります。御嶽山の溶岩はねばりが中間的で、富士山のような形の裾野になっています。

御嶽山の草木谷溶岩流

 御嶽火山は、溶岩流などの噴出物がたくさん積み重なってできています。約6万年前に摩利支天山から流れた草木谷溶岩流は、当時の兵衛谷を埋めながら、15kmほど先の巌立付近まで続いています。

自然の偉大さに心を奮わす体感ビュー

  • 御嶽山山頂

    御嶽山山頂

  • 大平展望台

    大平展望台

  • 溶岩流展望台

    溶岩流展望台

  • 巌立

    巌立

全体マップ

ジオパーク認定準備委員会では、「飛騨 御嶽溶岩流」の日本ジオパーク認定を目指しています。

ジオパークとは、「大地の公園」。

 ジオ(地球)に関わる様々な自然遺産、例えば、地層、岩石、地形、火山、断層などを含む自然豊かな公園を意味します。ジオパークは、これらのジオに関わる遺産を保護・研究しながら、自然と人間との関わりを理解する場所として整備。科学教育や防災教育の場として、また新たな観光資源として地域の振興に活かします。

イベント情報

イベント

2017.07.20

第3回飛騨小坂おんたけパノラマウォーキング&ジョギング

濁河温泉は東京五輪に向けて注目のトレーニングエリア。高地トレーニングの拠点となる御嶽濁河高地トレーニングセンターを出発し全長6.2km高低差97mの椹谷林道コースを歩きます。ゲストにスポーツジャーナリスト・増田明美さん、加圧トレーナーの鈴木莉紗さんをお迎えし一緒にウォーキング&トークショーも予定しています。

PAGE TOP