ホーム > 観光スポット > 御嶽山

御嶽山と濁河温泉

御嶽山~濁河温泉 散策マップ

御嶽山~濁河温泉 散策マップ

1御嶽パノラマグラウンド 2濁河スポーツセンター 3材木滝 4原生林遊歩道入口 5緋の滝 6白糸の滝 7仙人滝 8市営露天風呂 ひゅって森の仲間 濁河温泉ロッジ 湯元館 湯の谷荘 朝日荘 旅館御岳
  • 御嶽パノラマグラウンド
    御嶽パノラマグラウンド

    標高1,700mの高地に全天候型400mトラック6コース、500mのウッドチップランニングコースを備えた国内初の本格的な高地トレーニング施設。

  • 御嶽濁河高地トレーニングセンター
    御嶽濁河高地トレーニングセンター

    日本で2ヶ所しかない、文部科学省指定のナショナルトレーニングセンター高地トレーニング強化拠点施設として指定された飛騨御嶽高原高地トレーニングエリア内の施設。

  • 材木滝
    材木滝

    トレーニングセンターからパノラマグラウンドへ下る坂道の途中に入口があります。小坂の滝めぐりの青い旗が目印。
    一部急峻な場所もあるので健脚向きのコース。辿り着いた材木滝(23m)は豪瀑。飛沫がきもちい!

  • 原生林遊歩道
    原生林遊歩道

    全長約1km、亜高山帯の天然林の中に伸びる遊歩道。出入り口は濁河温泉街とトレーニングセンターの分岐付近、ひゅって森の仲間前、御嶽登山道入口付近の3か所になります。駐車する場合は最寄りの市営駐車場をご利用下さい。

  • 緋の滝
    緋の滝

    落差20mの見事な直瀑。ひゅって森の仲間横より展望台まで約80mの木道が続きます。
    ※駐車場はございません。お近くの市営駐車場(無料)をご利用ください。

  • 白糸の滝
    白糸の滝

    落差15m文字通り白糸を幾筋も垂らしたような滝。湯ノ谷という濁河温泉の源泉湧く谷から流れ落ちる滝。道路より遠望できます。

  • 仙人滝仙人滝

    その昔御嶽教の信者が修行したと伝えられる仙人滝(30m)道より約500m、御嶽登山道を途中仙人滝方面へ左折、谷沿いの道を進めばほどなく到着します。

  •  市営露天風呂 市営露天風呂

    露天風呂のみの温泉。登山帰りの利用など、日帰り入浴を楽しむことができます。

  • 成分表(抜粋)

    源泉名:
    営泉源の混合泉
    (市営G泉、濁河温泉、市営泉源の混合泉)
    泉 質:
    ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩・硫酸塩温泉

     

    神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後の回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病、動脈硬化症に適しています。

    特徴

    源泉温度は50度以上の高温、加温加水無しの天然かけながし温泉。無色透明ですが空気に触れると茶褐色に濁ります。

全体マップ

イベント情報

イベント

2017.07.20

第3回飛騨小坂おんたけパノラマウォーキング&ジョギング

濁河温泉は東京五輪に向けて注目のトレーニングエリア。高地トレーニングの拠点となる御嶽濁河高地トレーニングセンターを出発し全長6.2km高低差97mの椹谷林道コースを歩きます。ゲストにスポーツジャーナリスト・増田明美さん、加圧トレーナーの鈴木莉紗さんをお迎えし一緒にウォーキング&トークショーも予定しています。

お知らせ

2017.05.19

御嶽山 山開き式典のお知らせ

御嶽登山の幕開けを告げる行事。御嶽登山の安全を祈願する神事や獅子舞の奉納などが執り行われる予定です。
例年10時30分より1時間程度の式典内容になります。式典中も登山口は利用できますが当日は関係者、報道車両が多く駐車スペースが満車になることもございますので御嶽登山をご計画の方はご注意ください。

PAGE TOP